美人の「夜のお仕事」体験談

キャバクラでのアルバイトを話すかどうか

女性画像キャバクラでアルバイトをしているということは誰にも言えていませんが、そのうちカミングアウトしようかなと考えています。求人に応募した時から水商売の女になるということは自覚していたし体入したときには覚悟が決まっていました。いろいろな困難があるのかなと思っていたのですが、今のところそこまで大変な思いをしたことはありませんし、キャバクラ嬢って結構楽しい職業なんだなと考えています。求人をいろいろ見ていても、どこの店も高時給になっているので、ハードルがめちゃくちゃ高いのかなと思っていました。体入したら自分と同じようなルックスレベルの女の子もいたし、なんとなく安心してしまいました。もちろんトークスキルとかは全然まだまだ追いつかないところがあるので頑張っていかなければいけないなと思います。お客さんの特徴を覚えていたり、前回の会話をしっかりと復習しておくなど工夫するポイントはキャバクラ嬢として色々あると思います。

背が高すぎるかなと思ってました

私は昔から背が高すぎるのでキャバクラ嬢には向かないのかなと思っていたのですが、求人に応募した時に相談したら高身長のキャバクラ嬢は人気が出るということでした。自分の唯一のコンプレックスが大丈夫だということを確認できたので早速体入させていただきましたが、たしかにドレスもそれなりに様になったしみんなの注目を集めることができました。あまりでしゃばると先輩キャバクラ嬢にボコられてしまうかなと思ってビクビクしていたのですが、皆リラックスさせてくれて優しい人たちだなと感動しました。体入の日はあっという間に終わってしまって、結局は求人に応募したお店でそのまま働くことにしました。現在でも、今のお店で働いていますが、スタイルが良くていいねとお客さんからも同僚からも憧れの存在になっています。背が高いというのがコンプレックスでしたが、今は武器に変えることができました。この世界に飛び込んでみて本当に良かったと思います。

会話が上手くなってます!

キャバクラ嬢になってから明らかに話の技術が上がってきたような感じです。会話はキャッチボールと言われていますが、私の場合は一方通行になってしまうことが多かったので、キャバクラ嬢として何とか克服しなければいけないと思って頑張りました。求人に応募した時から、すぐにそのトークスキルについてのアドバイスは頂き、体入に行った時もしっかりと確認するようにしてお客さんとお話しました。あまりチャラチャラしすぎるのもよくないということを、求人面接の時に言われたのでその言葉もしっかり思いに留めながら接客することができたと思います。体入の時の売り上げも結構良かったようなので、正式採用していただけました。かなりお給料も良さそうなので、初めての給料日がとにかく楽しみです。今から何を購入しようかとワクワクしながら考えています。やっぱりキャバクラ嬢になってよかったと思いますし、お金に困っている女の子たちはみんなやったら良いと思います。

楽しみながら稼げるということ

キャバクラで働き始めましたがすごく楽しくて、これでお金をいただいてよいのだろうかと思うことがあります。他の求人を見てみると、皆すごく安い時給で働いているので私ばかりこんな待遇で申し訳ないなという気持ちになります。キャバクラは水商売なのでお金が高いという事も理解しているのですが、お客さんからチヤホヤされるし、暇なときは女の子たちとキャッキャ言っているだけでお金がもらえるなんてすごいシステムだと思います。一般的な求人に応募なんてできないと思います。体入してくる女の子から色々と質問されることがあるのですが、ネガティブな答えはできません。私も体入した時にはマイナスポイントを聞きたかったのですが、実際に働いてみるとマイナスポイントなんてほとんどないし、キャバクラで働くことにはメリットしかないと感じるので、どうしてもポジティブな返答になってしまいます。それぐらい効率的で魅力的なお仕事だと私は感じています。

ランキングに入れましたよ

結構人気のキャバクラ店で働いていますが、ランキングにも入ることができて、驚くほどのお給料をいただいています。キャバクラ店の求人に載せられている金額よりもずっと上の額を稼いでいるので、もう他の仕事に戻ることはできないなと思います。体入した時からきっとランキングに入ることができるよと言われて期待していたので、もしかしたらとは思っていたのですが実際になるとすごく嬉しいですね。キャバクラ嬢の中でも上位に属するというのは、自分が女性としてのステータスをしっかりと獲得できたような感じがします。あまりガツガツしているのはよくないなと思うのですが、もしかしたら他の良い求人を見つけたらさらにステップアップしてしまかもしれません。とりあえず他の店に体入してみても良いのかなという気持ちもあります。まずは今のお店でNo.1まで上り詰めたら引き抜きを待ちたいなと思っています。そこまで欲張りなタイプではないのですが、上昇志向だけは持っていこうと考えています。