新きまぐれオレンジ★ロード そして、あの夏のはじまり

新きまぐれオレンジ★ロード そして、あの夏のはじまり

ストーリー

TVアニメ、OVA、劇場用アニメと映像化されてきたまつもと泉の人気コミック『きまぐれオレンジ★ロード』の内容を受け、その後の主人公たちの恋の行方を描いた、SF仕立ての青春ラブ・ストーリー・アニメーション。94年に発表されたまつもと泉と寺田憲史による同名小説が原作となっていて、脚本も寺田が担当。監督は、『スレイヤーズRETURN』の総監督をつとめた湯山邦彦。恭介とまどかのベッドシーンが描写され、長年のファンにとっては衝撃と共に感慨深い作品となった。1991年、大学生になった恭介は、車に跳ねられたショックで3年後の世界に飛ばされてしまう。そこで彼は、現在の自分より年上になったひかると偶然出会う。成長した彼女を相手に心揺れつつも一旦別れた恭介は、この時代の22歳の恭介が戦火のボスニアで行方不明となっていることを知った。同じ時間軸には、自分はひとりしか存在できないのだった。そうとも知らずまどかは、そんな恭介をひたすら待っていたが・・・。

動画リンク

新きまぐれオレンジ★ロード そして、あの夏のはじまり

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-16

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿