痴漢電車人妻篇 奥様は痴女

痴漢電車人妻篇 奥様は痴女

ストーリー

サトウトシキ監督がおくるエロティック・ドラマ。R18+指定作品。私生活で、女との関係がうまくいかない男2人が偶然に新宿で出会い、2人でバイクに乗り、千葉の海まで移動して朝を迎える中で、回想としてそれぞれの私生活が描かれる。1994年度ピンク大賞において、ベストテン第4位に選出され、サトウトシキは監督賞、石原ゆりは女優賞、清水大敬と伊藤猛は男優賞、葉月螢は新人女優賞を受賞。1995年に、『タンデムTandem』と改題され、ロッテルダム国際映画際をはじめ海外の映画祭で上映された。公開タイトルは、『痴漢電車人妻篇 奥様は痴女』。再公開タイトルは、『痴漢主婦の白い指先』。ビデオタイトルは、『痴漢電車・人妻篇Ⅱ』。新宿歌舞伎町の片隅、夜、とある喫茶店。心ここにあらずの体で、コーヒーを注文する井上(清水大敬)。井上は昼間の電車内での痴漢行為を思い浮かべていた・・・。

動画リンク

痴漢電車人妻篇 奥様は痴女

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-17

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿