46億年の恋

46億年の恋

ストーリー

梶原一騎と弟・真樹日佐夫の共作による正木亜都名義の小説『少年Aえれじぃ』を、鬼才・三池崇史監督が映画化した異色の異色ロマンス。閉ざされた監獄の中、事件は起きた。すでに絶命している青年・香月史郎(安藤政信)に馬乗りになり、クビを絞める少年。看守に取り押さえられた少年・有吉淳(松田龍平)は叫び続ける。「ぼくがやりました!」。かつて2人は、同じ日に刑務所に投獄された。寡黙で誰にも心を開かない有吉と、誰彼かまわず殴り倒す凶暴な香月。性格は正反対だったが、2人の間には、ある濃密で温かい空気が流れていた。捜査が進むほどに、有吉の動機は謎に包まれていく。それぞれの思惑から、証言する囚人たち。やがて、捜査線上に浮かんだのは、静かな微笑みをたたえた、刑務所の新所長(石橋凌)。かれには、香月から暴行を受けた妻が自殺したという過去があった・・・。

動画リンク

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-17

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿