性盗ねずみ小僧

性盗ねずみ小僧

ストーリー

ねずみ小僧となって、侍屋敷を狙う強盗になった男の物語を描いたエロティック時代劇。R18+指定作品。監督は、曾根中生。天保年間、年の瀬も迫ったある日、1人の無宿者が強盗のかどで投獄された。男は当時、民衆の英雄扱いされていた義賊ねずみ小僧ではないかとの嫌疑がかけられていた。天明の時、水呑百姓の次男次郎吉は、大飢饉に見舞われて貧苦のどん底に苦しむ家のために江戸の呉服屋の丁稚奉公にでた。真面目に働き、3年目に家に帰ったが両親は死に、妹のおみつは人買いに買われてしまっていた。再び江戸に帰った次郎吉は、酒色に溺れ、夜這強盗としてすさんだ毎日を送るように。一方、旗本金四郎は、武家女中おみつと愛しあい、自ら桜の入れ塁を入れ無宿者となり次郎吉と知りあった。だが、晴れて夫婦になりたいと思うようになった金四郎は、老中水野忠邦の指図のもと、次郎吉を市中の英雄に仕立て上げようと、恋人おみつを夕顔と変名させ次郎吉に接近させ・・・。

動画リンク

性盗ねずみ小僧

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-17

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿