バルバロッサ 帝国の野望

バルバロッサ 帝国の野望

ストーリー

2009年イタリア製作、日本劇場未公開作品。バルバロッサの異名を持つ皇帝フリードリヒ1世の野望を、レンツォ・マルチネリ監督が総製作費20億円の圧倒的スケールで描くアクション史劇。12世紀のヨーロッパ。ドイツ皇帝バルバロッサことフリードリヒI世は、自らの帝国を拡大するためイタリアを侵略し、抵抗する都市を武力で制圧していった。彼の最終目標は、欧州全域を制圧し、古代ローマ帝国を復活させることであった。民衆はバルバロッサの野望に翻弄され、領土と人間らしい生活を奪われ、言葉にならない屈辱を味わっていた。そんな中、ミラノを追われた鍛冶屋の息子アルベルトが、死の軍団というレジスタンス軍を組織し、バルバロッサに反旗を翻す。死の軍団は広範に勢力を拡大し、やがて、ロンバルディア同盟軍となり、皇帝との決戦に挑んでいく・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-18

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿