バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

ストーリー

『バベル』、『21グラム』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督を務め、落ち目の俳優が現実と幻想のはざまで追い込まれるさまを描いたダーク・ファンタジー。第87回アカデミー賞では、同年度最多タイの9部門でノミネートされ、作品賞、監督賞を含む4部門を受賞。俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、かつてバードマンというスーパーヒーローを演じ一世を風靡したものの、シリーズ終了して20年経った今では、すっかり落ち目となってしまった。彼はレイモンド・カーヴァーの小説、『愛について語るときに我々の語ること』を自ら脚色・演出・主演を手がけ舞台化、ブロードウェイで上演し、再び喝采を浴びようとする。しかし、起用した実力派俳優のマイク・シャイナー(エドワード・ノートン)ばかりが注目される上に、娘サム(エマ・ストーン)との溝も深まる一方で、リーガンは精神的に追い込まれていく・・・。

動画リンク

第1話: 吹替え

第2話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-18

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿