胎児が密猟する時

胎児が密猟する時
ジャンル
邦画 / セクシー
原題
THE EMBRYO
制作国
日本
劇場公開
1966年
キャスト
大谷義明, 山谷初男, 志摩みはる

ストーリー

R18+指定作品。『キャタピラー』の若松孝二監督の代表作品で、ヨーロッパ等では「18歳未満禁止令」を受けるなど、曰く付きのエロティック・サスペンス。本作は公開の翌年、1967年(昭和42年)12月にベルギーで行われたクノッケ実験映画祭(フランス語版)に出品された。豪雨の夜、男が女を部屋に連れ込んだ。男は百貨店専務の丸木戸(山谷初男)。女は店員のユカ(志摩はるみ)。「妻にそっくりだ」と男はつぶやいていた。体を重ねる2人。男を求めるユカの言葉を聞いたとたん彼は豹変した。「やはり、この女もブタだ。子供生むことを望み、俺に激しく拒絶され、そして家を出たあの女と同じだ」。胎児のように背を丸め巨大な頭を持つその男は、女の精神と肉体を矯正するために、1本のムチを手にしていた・・・。

動画リンク

胎児が密猟する時

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-18

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿