シンドバッド 黄金の航海

シンドバッド 黄金の航海

ストーリー

ハリーハウゼンの真骨頂、多彩なクリーチャーたちが総出演!ファンタジー映画の傑作、『シンバッド七回目の航海』から15年の月日を経て製作されたシリーズ第2作。監督は、ゴードン・ヘスラー、ブライアン・クレメンスとハリーハウゼンの原案をクレメンズ自身が脚色。仮面のマラビア領主を救うため、シンドバッドは伝説の島をめざして再び航海へ。船乗りのシンドバッド(ジョン・フィリップ・ロー)は、部下をひきつれて大海原に帆船を走らせていた。ある日、怪鳥が船の上に飛んできて黄金の刻印のようなものを落としていった。シンドバッドは、その夜、恐ろしい夢を見た。片手に人間の眼の刺青をほどこした美女、そして悪魔のような男の夢だった。船はアラビアに着いたものの、シンドバッドはクーラ(トム・ベイカー)と手下のアクメッドという男に襲われたが難を逃れ、アラビア首相ビジェル(ダグラス・ウィルマー)に面会した。ビジェルは、シンドバッドに物語った・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-19

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿