居酒屋兆治

居酒屋兆治

ストーリー

山口瞳原作の同名小説の映画化で、脚本は『未完の対局』の大野靖子、監督は『駅STATION』の降旗康男。函館の街を舞台に小さな居酒屋を営む男と初恋の女とのすれちがう想い、その店に集まる人々の人生模様を描くヒューマン・ドラマ。港町・函館で女房と小さな居酒屋を営む兆治は、今なお心に、別れた初恋の女さよの影をひきずっていた。ある夜、さよの嫁いだ牧場が火事になり、さよの姿もその時消えた。だが、霜深い宵にさよは、突然兆治の前に現われ、「兆治さん、あんたが悪いのよ」とつぶやく。居酒屋にはさまざまな人が集まるが、ある日、暴言を吐く河原という客を兆治が我慢できずに殴りつけ、警察に連行されてしまった。ところが、取り調べは、なぜかさよののことばかり。店に戻った兆治は、ついにさよを探し出そうと心に決めるのだった・・・。

動画リンク

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-03-30

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿