花と蛇 地獄篇

花と蛇 地獄篇

ストーリー

快楽地獄、それは恐怖と戦慄に満ちた密室から始まった。SM文学珠玉の名作、団鬼六『花と蛇』2度目の映画化となるエロティック・ドラマ。R18+指定作品。脚本は、『丸茂ジュンの痴女伝説』の桂千穂、監督は、『宇能鴻一郎の桃さぐり』の西村昭五郎、撮影も同作の山崎善弘が、それぞれ担当。スケ番グループ・葉桜団のリーダー京子(藤村真美)は仲間と共謀し、継母の静子(麻生かおり)を郊外の廃屋におびきよせた。静子を全裸にすると、金を強奪、さらには口封じのために恥ずかしい写真を撮る京子の仲間たち。すっかり上機嫌の京子だったが、博打で負けた借金返済の催促に田代組の津山(平泉成)が現れたことから状況は一変する。組長宅にさらわれた静子と京子。彼女らは、2人して果てしなきSM遊戯の玩具にされてしまう・・・。

動画リンク

花と蛇 地獄篇

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-23

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿