花と蛇 飼育篇

花と蛇 飼育篇

ストーリー

団鬼六原作小説を映画化したエロティック・シリーズ第3弾。R18+指定作品。大会社の若い社長夫人が、取引きを断られた出入り業者の男に誘拐され辱かしめを受ける姿を描く。監督は、西村昭五郎。書道の展覧会に愛弟子・美津子と一緒に出掛けた社長夫人・静子は、そこで夫・遠山に恨みを持つ田代の手下に捕まってしまう。気がついた時には、暗い倉庫の中。裸に剥かれ股間に剃刀が当てられる静子。その姿は、鏡に映されていた。極太ソーセージ、強制飲水による排泄。田代たちの調教は容赦なく続く。いったん隙をみて逃げ出した静子だったが、すぐに捕まり小さな檻の中へ。さらに、電話で助けを求めた美津子まで捕まってしまう。静子と同じ生年月日でありながら、境遇の差を呪う家政婦・千代。かつての恋人・静子を奪われた弁護士の杉本。ふたりの思惑も加わり、いたぶりはクライマックスへ・・・。

動画リンク

花と蛇 飼育篇

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-23

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿