鉄砲玉の美学

鉄砲玉の美学

ストーリー

1人のチンピラが鉄砲玉として、僅か数日の短い間だが、彼がかつて夢想すらしなかった充実した時間を経験して死んでいく姿を描く任侠ドラマ。脚本は、『木枯し紋次郎関わりござんせん』の野上龍雄、監督も同作の中島貞夫。関西に本拠を持つ広域暴力団天佑会は、九州に進出する為に、同会に所属するチンピラ、小池清を鉄砲玉としてM市へ飛ばすことに決めた。この頃、清は何もかもツイていなかった。兎のバイも全く思わしくないし、情婦とも喧嘩したし、ハジキ一挺に、自由に使える現ナマが100万円。「やりま!」たった一言、清の返事は短かかった。M市での初めての夜。恐怖と緊張で全身を硬わばらせながらも、清は「天佑会の小池清や」と名乗って、精一杯、傍若無人に振舞ったが、どこからも反撃の気配すらなかった。酒はいくらでも飲めた。面白いように女が寄って来た。一寸した傷害事件がキッカケで、清は最高の女を手に入れたが・・・。

動画リンク

鉄砲玉の美学

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-27

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿