きみがぼくを見つけた日

きみがぼくを見つけた日

ストーリー

私の彼はいま、6歳の私に会いに行っています。ひねりの利いた設定で一組の男女の切ない恋を描き、世界的ベストセラーとなったオードリー・ニッフェネガーの同名小説を、『フライトプラン』のロベルト・シュヴェンケ監督が映画化した珠玉のラブストーリー。時空を旅する運命を背負うヘンリー(エリック・バナ)。いつ、どこの時代のどこへ飛ぶのかは、自分で選ぶことができなかった。ある日、過去に旅し野原に隠れていたヘンリーを、クレア(レイチェル・マクアダムス)という少女が見つける。「未来から来た」というヘンリーの言葉をクレアが信じた瞬間、2人の愛の物語が始まった。しかし、突然のヘンリーのタイムトラベルに幾度も引き裂かれる2人の時間。クリスマス、そして結婚式さえも。タイムトラベルは、歳を重ねるごとに長くなる。いつか、戻れなくなる日を恐れる2人。時空を超える愛は、この運命に打ち勝てるのか・・・。

動画リンク

第1話: 吹替え

第2話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-25

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿