東京流れ者

東京流れ者

ストーリー

川内康範が原作とシナリオを執筆、『河内カルメン』の鈴木清順が監督したアクション・ドラマ。任侠映画風の新潟編、コメディ風の北九州編、そしてハードボイルド風の東京編という、趣向を凝らした構成となっている。「頼む、俺を怒らせないでくれ!」流れ者の歌を口づさむ不死鳥の哲こと本堂哲也を、数名の男がとり囲んだ。哲也が世話になった親分・倉田が、やくざ稼業から不動産業にかわったのを根にもち、ことごとく倉田組に喧嘩をうろうとする大塚組のものであった。哲也は不本意にも、倉田の持ちビルを狙う大塚組との抗争に巻き込まれてしまう。執拗に哲を狙う殺し屋マムシの辰、気風のいい謎めいた流れ星の健、逃げても流れても危機が哲を追い込む。「流れ者に、女はいらない」つぶやきながら死地に向う哲。そして、流れ者のメロディが恋仲の千春への思いをせつなく募らせるが・・・。

動画リンク

東京流れ者

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-26

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿