共喰山

共喰山

ストーリー

友を喰う、恋人を喰う、カンガルーも喰う。これが、劇場用長編デビューとなるオーストラリアのジョシュ・リード監督によるバイオレンス・ホラー。太古の壁画を求めて山奥へとやって来た若者グループが恐るべき災厄に見舞われ、必死のサバイバルを強いられるさまを過激な残酷描写とともに描き出す。遥か昔のオーストラリア。原生林にそそり立つ巨大な岩山に向かって、男が一心不乱に壁画を彫っていた。その背後に忍び寄る黒い影。岩肌に鮮血が飛び散り、森は静寂に包まれる。それから1万2千年後の現代のオーストラリア。古代壁画に興味を持つアーニャは、調査を兼ねた気楽なキャンプ旅行のつもりで、友達5人を誘って深い森に広がる洞窟を目指していた。日が落ちて深い闇が現場を包む中、全裸で水浴びを楽しんでいたメルがヒルに襲われて高熱を出し容体が急変、無数の牙を持つ人食い悪鬼へと変貌を遂げる。この森には、人間の理解を遥かに超えた未知なる存在が巣食っている。食うか、食われるか。若者たちは、血みどろの共喰い地獄へと落ちてゆく・・・。

動画リンク

共喰山

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-26

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿