TANNKA 短歌

TANNKA 短歌

ストーリー

2つの愛で、揺れて、濡れる。歌人・俵万智の処女小説、『トリアングル』を映画化した官能ドラマ。R15+指定作品。監督は、これが初メガフォンとなる作詞家・阿木燿子氏。30代のヒロインが、長年不倫の関係にある年上の男性と、新たに出現した初々しく情熱的な年下の青年との間で揺れ動くさまを描く。フリーライターとして活躍する33歳の独身女性、薫里。私生活では、年上のカメラマンMと9年越しの不倫関係が続いていた。それは、お互い縛られることのない自由な関係だった。公私ともに充実した日々を送る薫里は、その時々の感情を短歌に綴ることが習慣となっていた。そんな薫里は、いつしか行きつけのバーで知り合ったヴァイオリニストの卵、圭とも恋に落ちるのだった。Mから恋愛のイロハを手ほどきされてきた薫里は、若い圭を相手に自分が恋の指南役となることに新鮮な喜びを感じるのだが・・・。

動画リンク

TANNKA 短歌

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-26

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿