女番長 感化院脱走

女番長 感化院脱走

ストーリー

反抗の青春が躍動する、『女番長(すけばん)』シリーズ第5弾で、京都の特別教護施設に入所するスケバンたちが大人の作った体制に体ごとぶつかり、激しく暴れまくるエロチック青春群像劇。主演の杉本美樹は1作ごとに成長、『恐怖女子高校・暴行リンチ教室』で好演した叶優子らの女優陣と迫力あるポルノアクションを披露する。演出はこれまでの鈴木則文監督から中島貞夫監督にバトンタッチ、青春の生態を見事に活写した。京都にある特別教護施設を脱走して捕まった青木るり子は、傷害事件を起して補導される松本三奈とともに、再び学院に戻された。教官の小池が、1人の脱走は連帯責任として、全員に懲罰を課したために、清美、勝子たちが、マキ、ユキたちるり子一派に、露骨なイヤガラセをするのだった。そんなある日、法務省の役人が視察に来た時、生徒たちが暴力をおこし・・・。

動画リンク

女番長 感化院脱走

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-10

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿