カイロの紫のバラ

カイロの紫のバラ

ストーリー

ウディ・アレン監督が30年代のニュージャージーを舞台に、映画に生きがいを求める人妻の姿を夢と現実を織りまぜて描くロマンス・ファンタジー。製作は、ロバート・グリーンハット。エグゼクティヴ・プロデューサーは、ジャック・ローリンズと、チャールズ・H・ジョフィ。大恐慌時代のアメリカ・ニュージャージー。失業中なのに遊んでばかりで暴力まで振るう夫との生活にうんざりしているセシリアは、ウェイトレスの仕事中も頭の中は映画のことばかりで失敗続き。今は、ギル・シェパード主演の新作映画「カイロの紫のバラ」に夢中で、もう5回も観てセリフまで覚えている。ところが、その日はいつもと違っていた。映画の中の主人公トム・バクスターが、スクリーンの中からセシリアに語りかけてきたのだった。しかもトムは、映画を飛び出し、彼女を連れて映画館を脱出してしまうのだが・・・。

動画リンク

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-19

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿