エンド・オブ・キングダム

エンド・オブ・キングダム

ストーリー

米大統領専属シークレットサービスとテロリストとの激しい攻防をジェラルド・バトラー主演で描いたアクション・サスペンス、『エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編。物語の舞台を前作の米ホワイトハウスからイギリスの首都ロンドンへと移し、テロリズムとの新たな戦いが描かれる。監督は、『セッベ』(未)のババク・ナジャフィ。ホワイトハウス陥落の悪夢から2年。アメリカ大統領ベンジャミン・アッシャー(アーロン・エッカート)のもとに1本の電話が入る。それは、イギリスの首相が不可解な死を遂げたという報せだった。各国首脳は、ロンドンで行われる葬儀のため集結。街は史上最高度の警護態勢が敷かれるが、突如首脳たちを狙った同時多発テロが勃発。数々の歴史的建造物が崩壊し犠牲者が増え続ける中、ベンジャミン・アッシャーとシークレットサービスのマイク・バニング(ジェラルド・バトラー)は、命からがら逃げ出すことに成功。この世界的危機を回避すべくテロリストに立ち向かっていく・・・。

動画リンク

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-10-08

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿