花と蛇 究極縄調教

花と蛇 究極縄調教

ストーリー

団鬼六原作の『花と蛇』シリーズの映画化第5弾で、脚本は、『ザ・虐待女体いけどり篇』の片岡修二氏が執筆したエロティック・ドラマ。R18+指定作品。遠山建設会長の一人娘・遠山久美子は、不動産会社を経営する野沢俊介とつき合っていた。野沢には沼田という金貸しがついていたが、仕事を広げたいという野沢の夢をかなえるため、久美子は父親を紹介することに。遠山義隆は秘書の佐伯道子と応接室で野沢に会ったが、彼の話を聞くどころか久美子とつき合っていることを咎めた。野沢は遠山家を出るとき憎憎しげに眺めた。遠山は翌日、出張でニューヨークへ立った。次の日、秘書の佐伯が血相を変えて家に飛び込んで来た。久美子が金融会社へ野沢の代わりに借金返済に行ったが、金額不足で人質になっているという。義母の志津子は急いで銀行であるだけ引き出し・・・。

動画リンク

花と蛇 究極縄調教

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-28

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿