脱獄広島殺人囚

脱獄広島殺人囚

ストーリー

殺人罪で41年7カ月の刑に服する実在の人物をモデルにして、あくなき自由への渇望から7回に及ぶ脱獄を敢行した男の執念を描くアクション・ドラマ。監督は、『安藤組外伝人斬り舎弟』の中島貞夫。終戦の混乱期であった昭和22年4月19日夜、植田正之は、仲間の田上と共謀し、外国人の闇屋とその女を殺害、モルヒネを強奪した。やがて、2カ月後に逮捕された植田は、懲役20年の刑を受け、広島刑務所に入所した。翌23年4月13日、脱獄に成功した植田は、神戸、妻昌代のいる大阪に潜伏していたが、同年5月3日、関西映劇で観劇中に発見され、逮捕された。再び広刑に戻された植田は、脱走罪が加算され、計21年3カ月となった。同年9月、植田は服役中の岡本組々長・岡本清次郎の協力を得て、房仲間の末永と小島の3人で再び脱獄。そして、妹の和子がいる郷里四国の松山・草鹿村に、山本清と名乗って潜伏するが・・・。

動画リンク

脱獄広島殺人囚

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-29

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿