ラブリー・モリー

ラブリー・モリー

ストーリー

劇場公開、2012年8月19日。90年代ホラー作品の金字塔『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のエドゥアルド・サンチェスが監督・脚本を務めたホラー。古い一軒家で暮らすことになった主人公が、見えない存在に翻弄され、精神のバランスを崩していく姿を描く。2012年8月11日~31日開催の渋谷ミッドナイト・マッドネス2012で上映された。モリー・レイノルズは結婚をきっかけに、田舎町へと越して来た。そこには、亡くなった父が生前に住んでいた、築100年の邸宅があった。トラックの運転手をしている夫のティムは留守がちで、モリーはひとりで過ごすことが多くなり、やがて夜中になると、物音や声が聞こえるようになってしまう。実は、モリーはそこで悪夢としか言いようのない子供時代を過ごした過去がある。その忌まわしい記憶が再び、成長したモリーに取り憑き始めたのか?果たして、かつて彼女に何が起きていたのか・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-29

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿