コギャル喰い 大阪テレクラ編

コギャル喰い 大阪テレクラ編

ストーリー

衝動的な殺人をきっかけに、テレクラを通じて殺しを請け負うことになる主人公の猟奇的殺人描写と、彼の前に現れた天使が放つファンタジー的要素が同居する傑作にして、邦画史上最狂のエロティック・バイオレンス・ファンタジー。R指定作品。97年にピンク映画として発表された後、その枠を越え多くのファンによって語り継がれて来た伝説の1作。ジャケットは、人気漫画家・駕籠真太郎氏の書き下ろしイラスト。大阪でティッシュ配りのバイトをする山本は、テレクラで女から、「あの男殺してやりたい」と愚痴を聞かされる。数日後、何となくその男が働く店に行った山本は、女への感情移入と使命感から男を殺してしまった。そして、自分の行動に驚きつつ、予想もしなかった性的快感を覚えた彼は、テレクラを使って殺しの請負業を始める。さらに、彼の元に、「うち、昔天使やってん」という不思議な女の子が現れ・・・。

動画リンク

コギャル喰い 大阪テレクラ編

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-30

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿