11人いる! They Were Eleven

11人いる! They Were Eleven

ストーリー

宇宙大学の試験として、10人一組で宇宙船に乗り込み53日間のサバイバルを課せられた異星人たちの対立や葛藤を描いた、萩尾望都原作による傑作SFサスペンス・アニメ。1986年劇場公開。脚本は、今泉俊昭と小出一巳の共同執筆。監督は、『巨人の星(1982)』の出崎哲と冨永恒雄がそれぞれ担当。遙か未来、惑星シベリーヌ出身の少年ダダは、3年に一度行われる宇宙最高峰の大学、コスモ・アカデミーの入学試験に臨んでいた。それは、受験生10名が漂流宇宙船で53日を過ごし、アクシデントを乗り切るというもの。ところがタダが乗り込んだエスペランサ号には、なぜか11人いた。いったい誰が、何の目的で乗り込んだのか?互いに疑惑の眼差しを向けあう11人だったが、次から次へと問題や事件が発生し・・・。

動画リンク

11人いる! They Were Eleven

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-30

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿