主任警部アラン・バンクス 3

主任警部アラン・バンクス 3

ストーリー

犯罪捜査部の主任警部アラン・バンクスの活躍を描く、英国の作家ピーター・ロビンソン原作のクライム・サスペンス・ドラマ。(全6話)予測のつかないスリリングな展開と、バンクスの粘り強い捜査が見どころ。第1、2話「少年の憂鬱前編/後編」。第3、4話「殺人のメロディ 前編/後編」。第5、6話「ある夜の過ち前編/後編」。出産を終えたアニーが復帰した月曜日、11歳の息子カイルをさらわれた母親ケイティが署にやって来る。ケイティによると、昨晩、ソーシャルワーカーを名乗る2人組の男女が息子を自宅から連れ去ったらしい。だが、アニーは息子を男女に引き渡したケイティの気持ちが理解できず、反抗期の長男を持つヘレンも、ケイティに共感と反感を抱く。捜査が進む中、ケイティとカイルの父ポールの間に確執があったことが分かり・・・。

動画リンク

第1話: 少年の憂鬱 前編

第2話: 少年の憂鬱 後編

第3話: 殺人のメロディ 前編

第4話: 殺人のメロディ 後編

第5話: ある夜の過ち 前編

第6話: ある夜の過ち 後編

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-29

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿