裁判長!ここは懲役4年でどうすか

裁判長!ここは懲役4年でどうすか

ストーリー

劇場公開、2010年11月6日。裁判傍聴ブームを巻き起こした北尾トロ氏によるベストセラーエッセイ、『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』を、バナナマンの設楽統初主演で『非女子図鑑』、『ヒーローマニア生活』の豊島圭介監督が映画化した裁判エンターテイメント・ムービー。傍聴人、裁判官、検察官、弁護士、裁判員、被告人たちが法廷で繰り広げる、ワイドショーよりも小説よりも面白い人間ドラマが展開される。美人映画プロデューサー須藤光子から依頼された“愛と感動の裁判映画”の脚本を書くために、三流ライター南波タモツは、生まれて初めて裁判所に足を踏み入れる。しかし、法廷には“愛と感動”どころか、収穫した大根の大きさをめぐって友人を撲殺したサラリーマンや、正義の味方を気取りつつ、聞き様によっては卑猥すぎる医学用語を乱発して被告を罵倒する裁判官など、突っ込みどころ満載のワイドショーネタばかりで・・・。

動画リンク

裁判長!ここは懲役4年でどうすか

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-01

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿