前橋ヴィジュアル系

前橋ヴィジュアル系

ストーリー

劇場公開、2011年3月12日。若者たちは夢を追いながら、ねぎ畑を走った。俳優として活躍する大鶴義丹が、『私のなかの8ミリ』、『ブレーキ』に続いて監督を務めた青春ドラマ。群馬県前橋市の田舎町を舞台に、ビジュアル系バンドでプロになる夢を追う青年の姿を描く。群馬県前橋。町から離れた田舎に住むタクジ(風間俊介)は、ジュン(黄川田将也)、ケン(藤田玲)、シュンジ(杉浦太雄)とヴィジュアル系バンド「プリンシパル」で音楽活動を行っていた。しかし、熱狂的なファンがいても、ライブハウスでの観客はせいぜい20人程度。おまけに、パンクバンド「鈍牛」のボーカル龍二(加藤和樹)の迫力にビビるくらい、タクジたちは小心者。昼間は、姉夫婦の農業を手伝うタクジは、いつかプロになり有名になってやろうと思うのだが、田舎町に住んでいるために、その夢はなかなか叶いそうもない。そんな中、キャバクラ嬢のミミ(森下悠里)と交際するジュンが、父親が腰を痛めて農業ができない状況を見て家業を継ぐためにバンドから抜けることとなるのだが・・・。

動画リンク

前橋ヴィジュアル系

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-03

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿