涙でいっぱいになったペットボトル カンペの手紙

涙でいっぱいになったペットボトル カンペの手紙

ストーリー

恩に報いて、修羅となる!時を越え、国境を越えて描き出される純愛バイオレンス。1970年代の韓国貧民街でのささやかな親切が、25年後の日本で新たな純愛ドラマを紡ぎだし、やがて運命の糸に操られるように、哀しい結末へと導かれていく様を描く。監督は、辻裕之。幼い頃、韓国の貧民街で生まれ育ったシングァンは、病床の父を抱え、食事すらままならない生活を送っていた。そんな中、ただ1人やさしくしてくれたユンジャおばさん。父の死後、母親を探して渡った日本で、シングァンは田内慎二(大沢樹生)と名乗り、闇社会の住人となっていた。金と力を手に入れたシングァンは、癌に冒され死を待つユンジャおばさんの為、生き別れた娘・ミンジュ(相田翔子)を探し出すのだが・・・。

動画リンク

涙でいっぱいになったペットボトル カンペの手紙

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-04

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿