カイト KITE

カイト KITE

ストーリー

R15+指定作品。美しく、幼い、復讐者。1998年にアダルトアニメとして発表され、海外でもカルト的人気を誇る梅津泰臣監督のエロティック・バイオレンス・アクション『AKITE』を、ハリウッドで実写映画化。娼婦を装い、両親を殺した人身売買組織への復讐を続ける暗殺者の少女の孤独な戦いが描かれる。オリビア・ハッセーの娘、インディア・アイズリーがヒロインを演じる。『セルラー』、『スネーク・フライト』などで知られるデビッド・R・エリスの監督で撮影に入ったが、エリス監督がその途中で死去、ミュージックビデオなどを手がけてきたラルフ・ジマンがメガホンを引き継いだ。少女たちが人身売買組織に性の奴隷として売り買いされる近未来。幼い頃、組織によって両親を殺されたサワは、父の相棒だった刑事アカイに暗殺者として育てられる。組織への復讐のため、娼婦になりすまして男たちを暗殺していくサワは、精神のバランスを保つ薬・アンプの副作用で記憶が薄れていくなか、組織のボスに接近していくが・・・。

動画リンク

カイト KITE

第1話: 吹替え

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-04-30

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿