ブロンクス物語 愛につつまれた街

ブロンクス物語 愛につつまれた街

ストーリー

俳優ロバート・デ・ニーロが初監督・製作・主演の3役を務め、彼が生まれ育った60年代のブロンクスを舞台に、ひとりの少年の成長と彼を取り巻く人間模様を描いたクライム・ドラマ。1960年代のブロンクス。9歳のカロジェロ(フランシス・キャプラ)にとって、この一帯を牛耳るマフィアのボス、ソニー(チャズ・パルミンテリ)は憧れの存在だった。ある日、ソニーが殺人する現場をただひとり目撃したカロジェロは、ソニーは面通しで犯人ではないと証言。以来、ソニーは彼をかわいがり、いろいろなことを教えてくれた。カロジェロの父ロレンツォ(ロバート・デ・ニーロ)は、イタリア移民で実直なバスの運転手だった。まだ幼い息子が権力と金に引きつけられることを恐れた彼は、厳しく忠告する。だが、父の心配をよそに、カロジェロは裏の世界に精通し、ソニーを父のように慕って成長してゆく・・・。

動画リンク

ブロンクス物語 愛につつまれた街

第1話: 字幕1/2

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-04

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿