朝食、昼食、そして夕食

朝食、昼食、そして夕食

ストーリー

劇場公開、2013年4月27日。何気ない1日3食、それは人生の味を変えるチャンス。巡礼の最終地点であり、世界遺産でもあるスペインのサンティアゴ・デ・コンポステラを舞台に、誰かの朝食で始まった物語が、誰かの昼食で思いがけない展開をみせ、誰かの夕食へとつながっていくヒューマン・ドラマ。主演は、『スリーピングタイト白肌の美女の異常な夜』のルイス・トサル。彼の旧友でもあるホルヘ・コイラが監督を務める。街角にたたずむストリート・ミュージシャン、エドゥのギターでサンティアゴ・デ・コンポステラの朝が静かに始まる。前夜から呑み続け、そのまま朝食に突入する2人の男、おなかをすかして市場のチョリソを盗むマケドニアの青年、兄にゲイであることを隠し通そうとする弟、現れない恋人のために、ひたすら料理を作り続ける脇役俳優、沈黙の中で質素な食事をする老夫婦。とそこに、昔愛した女性から突然、昼食の誘いが入り・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-05

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿