人が人を愛することのどうしようもなさ

人が人を愛することのどうしようもなさ

ストーリー

『花と蛇』の石井隆監督が、これまで描き続けてきたヒロイン名美役に喜多嶋舞を迎えて放つエロス満載の愛憎ドラマ。R18+指定作品。人気女優として活躍する土屋名美(喜多嶋舞)。だが私生活では同じく俳優の夫・洋介(永島敏行)と破局の危機を迎えていた。多忙を極める名美を横目に、下り坂の洋介は若い女優(美景)と浮気。その荒んだ生活は、長いすれ違いで心身ともに蝕まれていた名美をさらに追いつめていった。現在撮影中の新作「レフトアローン」では、夫・洋介が名美演じるヒロイン鏡子の夫役として共演。しかも、洋介の浮気相手の女優まで出演というスキャンダラスなキャスティングがマスコミの注目を集め、マネージャーの岡野(津田寛治)はその対策に忙殺されていた。そんな中、ひとりの編集者・葛城(竹中直人)が名美にインタビューを試みる・・・。

動画リンク

人が人を愛することのどうしようもなさ

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-07

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿