奴隷船

奴隷船

ストーリー

これもまた酔狂なり。稀代のSM作家・団鬼六の短編小説を、『春琴抄』の金田敬監督が映画化した文芸エロス。体当たりのエロチックな演技で多くのファンを魅了し続けてきた愛染恭子が、全身全霊を懸けて挑むラスト主演作。老舗旅館のおかみがたどる堕落への軌跡が、文学的エロチシズムと独特の映像美によって描かれる。SM小説家の鬼又貫は、奴隷船と称する東京湾に浮かべた屋形船の船内で、SMマニアの男たちと他人の愛奴を競り落とすという趣向の鬼面の会を主催していた。そんなある日、馴染みの温泉旅館を訪れた鬼又は、主人の梅津から妻である女将・菊江が若い男にストーカーされていると相談を持ちかけられる。その菊江には、かつて奴隷船で競りにかけられたこともある鬼又の元愛人という秘められた過去があったのだが・・・。

動画リンク

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-08-07

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿