ひまわりと子犬の7日間

ひまわりと子犬の7日間

ストーリー

劇場公開、2013年3月16日。命の期限は7日間。ぼくたちは奇跡を起こす。ただ、愛の力だけで。宮崎県の中央動物保護管理所で起こった実話をもとに、『母べえ』、『東京家族』など長年にわたって山田洋次作品の共同脚本・助監督を務め、これが記念すべき監督デビューとなる平松恵美子監督が映画化した感動ドラマ。原案は、山下由美の『奇跡の母子犬』(PHP研究所刊)。ペットブームの影で多くの犬猫が殺処分されている実情を背景に、堺雅人扮する保健所の職員が、保護された母子犬の殺処分を回避しようと懸命に里親探しに奔走する姿を描く。妻を亡くし、男手ひとつで2人の子どもを育てる神崎彰司。ある日、彼が働く保健所に、母犬と生まれたばかりの子犬が保護される。母犬は子犬を守ることに必死で、人に懐く気配がない。保健所で収容できる期間は、わずか7日間だけ。その間に引き取り手が見つからなければ、殺処分されてしまう。母犬の母性の強さに心打たれた神崎は、なんとかしてこの母子犬を守ろうと新たな飼い主探しに尽力するが・・・。

動画リンク

ひまわりと子犬の7日間

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-11

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿