サブウェイ123 激突

サブウェイ123 激突

ストーリー

車両ひとつで、NYはハイジャックできる。1974年の『サブウェイ・パニック』を、トニー・スコット監督がリメイクしたクライム・アクション。午後2時00分、ニューヨーク地下鉄運行指令室のガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の列車が緊急停車しているのに気づく。しかも止まっていたのは、切り離された1車両だけだった。胸騒ぎを覚えたガーバーは、無線で列車にコンタクトを取る。回答してきたのは、ライダーと名乗る男(ジョン・トラヴォルタ)だった。ライダーは車両に乗っていた19人を人質として、地下鉄をジャックしたのだった。人質解放の条件として、ライダーは59分以内に1,000万ドルの身代金を用意するよう要求。身代金を用意するのはニューヨーク市長(ジェームズ・ガンドルフィーニ)、交渉相手にはガーバーを指名。地下鉄のことを熟知しているガーバーは、犯人が逃げ切ることは不可能だと確信するが・・・。

動画リンク

サブウェイ123 激突

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-11

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿