囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件

囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件

ストーリー

2001年にフィリピンのリゾート地で観光客21人がイスラム武装勢力に誘拐され、解決までに1年以上を要した実在の事件の衝撃の顛末を映画化した実録サスペンス・ドラマ。監督は、『キナタイマニラ・アンダーグラウンド』(2009)でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞したフィリピンの俊英、ブリランテ・メンドーサ。01年5月、リゾート地として知られるフィリピン・パラワン島で、観光客21人がイスラム系過激派組織アブ・サヤスによって誘拐される事件が発生。その場に居合わせたNPO団体職員のフランス人女性テレーズも巻き込まれてしまう。救出作戦という名目でフィリピン国軍からは無差別攻撃を受け、誘拐犯に殺される者も出るなど、人質となった観光客たちは長引く拘束生活に疲弊していく。やがて9月11日、アメリカで同時多発テロが発生し・・・。

動画リンク

囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-11

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿