激安王 通天の角

激安王 通天の角

ストーリー

『漫画ゴラク』に連載された作・川辺優、画・郷力也の人気コミックを映画化した経済エンターテインメント。バブル崩壊後の大阪を舞台に、ディスカウント業界のトップになるべく、シビアな激安競争の世界に身を投じる男の活躍を描く。監督は、『月はどっちに出ている』の崔洋一監督の助監督を務めた祭主恭嗣。初公開、1994年10月15日。バブル崩壊後の大阪で、急激な成長を続けるディスカウント業界。しかしその背後には、現金問屋、バッタ屋、並行輸入業者などがしのぎを削る価格競争が勃発していた。そんな流通業界に挑むひとりの若者・岩下春男。激安戦争に敗れ、失意のうちに死んだ父の仇を討つため、流通革命に挑もうとする春男だったが、悪どいライバル業者たちに行く手を阻まれる・・・。

動画リンク

激安王 通天の角

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-11

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿