起終点駅 ターミナル

起終点駅 ターミナル

ストーリー

直木賞作家・桜木紫乃の同名短編を、『陽はまた昇る』、『愛を積むひと』の佐藤浩市主演で映画化したヒューマン・ドラマ。過去の悲劇を自らの罪として背負い続けて孤独に生きる男が、1人の若い女性との交流を通じて自らの人生と再び向き合っていくさまを描く。共演は、本田翼、中村獅童、尾野真千子。監督は、『山桜』、『小川の辺』の篠原哲雄。愛した女性を死に追いやった過去のある完治は、それから25年間、釧路の地で誰とも関わることなく、己を罰するように静かに暮らしていた。国選弁護人をしている完治はある時、椎名敦子という若い女性の弁護を担当するが、それをきっかけに敦子が自宅を訪ねてくる。敦子は完治にある人を探してほしいと依頼し、最初はその頼みを聞くつもりのなかった完治だったが、家族に見放され、誰にも頼ることなく生きてきた敦子の存在が、完治の止まっていた心を少しずつ動かしていく・・・。

動画リンク

起終点駅 ターミナル

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-17

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿