煙が目にしみる ~重松清「愛妻日記」より~

煙が目にしみる ~重松清「愛妻日記」より~

ストーリー

直木賞作家、重松清原作の同名官能小説を映画化したエロティック・ドラマ。R18+指定作品。高橋(木下ほうか)は、妻・千穂(不二子)に子作りのために禁煙させられていた。吸いたいタバコを我慢している高橋は、駅でタバコを吸っていた女子高校生に注意する。タバコを投げ捨てて去っていく女子高校生。彼女が投げ捨てたタバコを見た高橋は、思わずタバコを拾う。タバコを吸おうとしたとき、さっきの女子高校生に声をかけられる。「女子高生の捨てたタバコを吸おうとしている変態がいるって通報されたいの?」 立場が逆転して弱くなった高橋は、女子高生に誘われるままに援交をしてしまう。その晩、千穂はショートピースの臭いに気づき激しい嫌悪感を示す。千穂は何故タバコが嫌いになったのか、高校時代の忌まわしい出来事を話し始める・・・。

動画リンク

煙が目にしみる ~重松清「愛妻日記」より~

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-18

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿