ボルベール 帰郷

ボルベール 帰郷

ストーリー

女たち、流した血から、花咲かす。『オール・アバウト・マイ・マザー』、『トーク・トゥ・ハー』のペドロ・アルモドバル監督がおくる郷愁と女性讃歌のヒューマン・ドラマ。監督自身の故郷でもあるラ・マンチャを物語の背景に、母、娘、孫娘の三代の女性たちの葛藤と和解を、色彩豊かな映像でミステリアスかつユーモラスに綴る。ある日突然、死んだはずの母が帰ってきた。衝撃的な秘密を胸に。10代のころ母親を火事で失ったライムンダ(ペネロペ・クルス)は、失業中の夫と15歳の娘パウラ(ヨアンナ・コバ)のために日々忙しく働いていた。そんなある時、彼女に2つの死が降りかかる。娘が義父を台所で刺し殺してしまう。娘を守るため、夫の死体をなんとかしようとする彼女に、叔母が亡くなったという知らせが届く。さらに、火事で死んだはずの母親が生きているといううわさを耳にし、ついにライムンダの前に現れた母には、もっと衝撃的な秘密があった・・・。

動画リンク

ボルベール 帰郷

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-19

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿