木屋町DARUMA

木屋町DARUMA

ストーリー

劇場公開、2015年10月3日。R15+指定作品。お前みたいなんはガラクタや。“過激すぎる”との理由で出版を断られ続けた丸野裕行の問題小説を映画化し、京都の歓楽街・木屋町を舞台に、四肢をなくしながらも借金取りとして生きる元ヤクザとその世話を命じられた青年ヤクザの姿を通して、裏社会で繰り広げられる壮絶な人間模様を描いた禁断のドラマ。出演は、『ザ・レイドGOKUDO』の遠藤憲一、『極道大戦争』の三浦誠己、『祖谷物語おくのひと』の武田梨奈。『捨てがたき人々』など、監督としても活躍する俳優・榊英雄がメガホンをとる。かつて、木屋町の闇組織を束ねていた勝浦茂雄は、5年前の事件で手足を失い、現在は弟分の古澤から世話役を命じられた坂本の助けを借りながら、借金の取り立て屋として暮らしていた。そんな勝浦のもとに、とある家族への取り立ての仕事が舞い込む。その家族は、勝浦が障害を負う原因を作った元部下サトシの身内だった・・・。

動画リンク

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-19

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿