ゴースト&ダークネス

ゴースト&ダークネス

ストーリー

19世紀末、アフリカで猛威を振るった伝説の人食いライオン2頭と、2人の男の戦いを描くアドベンチャー・ドラマ。『マラソンマン』、『ミザリー』の脚本家ウィリアム・ゴールドマンが、アフリカ旅行中に知った実話をもとに脚本を執筆。監督は、『ブローン・アウェイ復讐の序曲』のスティーヴン・ホプキンス。文明批判のメッセージとエンターテインメント精神が同居した作風が印象に残る。1896年の東アフリカ。そこでは、2頭の人食いライオンが暴れまわり、鉄道建設を中断せざるを得なくなっていた。2頭は行動を共にし、人間も火も恐れない。そのうえ奴らは、空腹のためではなく、楽しみのために人間を襲う。そして、人間が仕掛けた罠を、まるで予知能力があるかのようにかわしてしまうのだった。高名なハンター、レミントンと、鉄道建設技師パターソンが、この手のつけられない怪物に挑む。しかし、死力を尽くして挑むハンターたちこそが、実は猛獣たちの獲物だった・・・。

動画リンク

第1話: miomio吹替え

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-20

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿