正しく生きる

正しく生きる

ストーリー

劇場公開、2015年3月7日。世界を終わらせよう。とある大きな災害をきっかけに、人々がそれぞれの事情を抱えながら、愛を求めて奔走し、その姿を通して漠然とした不安な時代の中でも、「正しく生きる」とは何かを問いかける群像劇。京都造形芸術大学の学生とプロの映画スタッフ、キャストがタッグを組んで映画を製作する、「北白川派映画」の第5弾作品で、監督・脚本・プロデューサーは、『愛してよ』の福岡芳穂、共同脚本で、『BOX袴田事件命とは』の高橋伴明が参加。放射性物質を組み込んだオブジェを制作展示することで無差別テロを画策する主人公の美術家・柳田を、岸部一徳が演じた。。美術大学で教鞭を執る柳田は、女子学生・桜が制作中のオブジェを手に取ると、何も言わずに粉々に破壊する。以来、桜は柳田を執拗に追い始める。自らも高名な芸術家である柳田は、個展に向けて自身の最後の作品制作に取りかかる。それは、放射性物質を組み込んだ、世界を終わらせるためのオブジェだったが・・・。

動画リンク

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-20

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿