四十七人の刺客

四十七人の刺客

ストーリー

高倉健主演、大石内蔵助と吉良・上杉側の司令塔、色部又四郎との謀略戦争を軸に、内蔵助の人間像を追いつつ新しい視点で描いた時代劇。池宮彰一郎の同名小説を、池上金男(池宮彰一郎のペンネーム)氏と、竹山洋氏、市川崑氏の3人が脚色。キアヌ・リーヴスを主演に迎え、2013年12月6日に本作をベースにした、『47RONIN』が公開。元禄14年、江戸城で浅野内匠頭が吉良上野介に刃傷沙汰を起こし、浅野は切腹、赤穂藩は取り潰しとなった。浅野の家臣である大石内蔵助は、藩主の仇を討つべく、塩相場で莫大な資金を得て、その金を使い吉良の賄賂説を流布させた。江戸庶民の吉良に対する反感が高まり、また赤穂浪士による討ち入りの噂が流れるようになり、吉良邸は、江戸城の御府外へ移転することになるが・・・。

動画リンク

四十七人の刺客

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-27

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿