進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

ストーリー

劇場公開、2015年9月19日。巨人が人間を食べるという衝撃的なテーマが話題を呼び、第35回講談社漫画賞少年部門に輝き、アニメ化もされた諫山創の人気コミック『進撃の巨人』の実写映画版2部作の後編。居住区の周りに巨大な壁を築き、つかの間の平和を手に入れた人々の前に、突如、壁を超える大きさの巨人が出現したことから、人々に訪れる変化を描く。監督は、『のぼうの城』の樋口真嗣が務め、『ローレライ』、『戦国自衛隊1549』など数々の作品で特撮技術を支えてきた尾上克郎が特撮監督として参加。脚本を、『GANTZ』シリーズの渡辺雄介と映画評論家の町山智浩が担当。超大型巨人によって破壊された外壁の修復作戦に出発したエレンたち調査兵団は、巨人の襲撃によって窮地に陥る。エレンも深手を負った上に、仲間のアルミンをかばって巨人に飲み込まれてしまい、その場にいた誰もが絶望の淵に立たされる。しかしその時、謎の黒髪の巨人が現れ、他の巨人たちを駆逐しはじめ・・・。

動画リンク

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-27

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿