16歳の合衆国

16歳の合衆国

ストーリー

少年は、なぜ恋人の弟を殺したのか?『アメリカン・ビューティー』のオスカー俳優ケヴィン・スペイシーがその脚本に感動し、自ら製作を務め出演も果たしたクライム・ドラマ。監督は、本作がデビューとなるマシュー・ライアン・ホーグ。16歳の少年リーランドは、ある日突然、知的障害を持つ少年ライアンを刺し殺してしまう。殺された少年は、リーランドの恋人ベッキーの弟。リーランド自身も一緒に遊ぶなどよく面倒を見ていた。周囲の誰もが衝撃を受ける中、彼は逮捕され、矯正施設へ収容される。しかし、殺人の動機については決して何も語ろうとしない。教官を務めるパールは、聡明でとても殺人を犯すようには見えないリーランドに強い興味を抱く。売れない作家でもあるパールは、彼の心の奥底を解明することで本が書けるのではないかと期待し彼に近づく。そして、野心を秘めつつリーランドのカウンセリングを始めるだったが・・・。

動画リンク

第1話: 字幕

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-07-09

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿