殺し屋ノエル 悲しみを纏ったスナイパー

殺し屋ノエル 悲しみを纏ったスナイパー

ストーリー

『殺し屋マリ』、『殺し屋アンナ』に続くエロティック・アクション・シリーズ第3弾。監督は、小渕アキラ。表の顔は敬虔で清廉なシスター、裏の顔は致死率100%の殺し屋というヒロインを、OVデビュー作『嬢王ゲーム女の下剋上決戦第2章』でOV初出演とは思えない迫真の演技が絶賛された桜井あゆが演じる。とある教会で、シスターとして働くノエル。だが、それは表の顔で、裏の顔は神父のローガンからの指令を受け、ターゲットを100%始末する、精鋭無比のスナイパーだった。幼いころから人生に裏切られてきたノエルは、最強の女殺し屋として実績を積んでいく。そんな彼女の前に現れた男、井川。企業舎弟をしていながらも、ヤクザの匂いを色濃く残した井川は、姿を消した芸妓の行方を追っていた。井川に真相をつかまれたら困る組織の依頼で、ノエルに井川に近づくよう指令が下る。しかし、井川を知れば知るほど、ノエルの心には今までなかった感情が生まれていくのだった。とうとう真相に近づいた井川、組織は彼を殺すようノエルに命じるが・・・。

動画リンク

殺し屋ノエル 悲しみを纏ったスナイパー

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-27

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿