天空の蜂

天空の蜂

ストーリー

1995年8月8日。ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した同名小説を、『SPEC』、『20世紀少年』など話題作を多数手がける堤幸彦監督が映画化したサスペンス・アクション大作。最新鋭の超巨大ヘリ、ビッグBが突然乗っ取られ、福井県にある原子力発電所・新陽の上空に静止した。遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は、「天空の蜂」と名乗り、日本全土の原発の破棄を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したビッグBを原子炉に墜落させると宣言する。機内に取り残された子供の父親でありビッグBを開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原発の設計士・三島(本木雅弘)は、上空の子供の救出とヘリ墜落の阻止をするべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。その頃、ビッグBと原発を開発した錦重工業の総務課に勤める赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に家宅捜査の手が伸びる中、密かに恋人・三島の無事を祈っていた。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、ビッグBを奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続けるうちに、衝撃の真相へと辿り着いていく・・・。

動画リンク

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-28

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿