撃てない警官 (全5話)

撃てない警官 (全5話)

ストーリー

2016年1月10日から、WOWOWで放送。(全5話)犯人より許せない奴がいる。デビュー作『褐色の標的』で第7回日本推理サスペンス大賞優秀作を受賞後、数々の上質な警察小説を世に放ち続けている作家・安東能明の作品の中でも特に人気が高いシリーズ、『撃てない警官』をドラマ化。警察を舞台に繰り広げられる男たちの思惑、出世欲と正義の間で揺れ動くエリート警察官の葛藤を描く。警視庁総務部企画課企画係・係長の柴崎令司(田辺誠一)は、警察で一握りのエリート候補。だがある日、直属の部下の木戸が拳銃自殺をする。柴崎は上司である課長の中田(石黒賢)からの電話で、木戸を射撃訓練に参加させるよう告げられ、彼に参加を命じた直後の事件だった。柴崎は中田からの指示があったと訴えるが、責任を負わされ所轄への左遷を言い渡される。柴崎は事件の真相解明だけでなく、本庁復帰のためある行動に出る・・・。

動画リンク

第1話: 敗走

第2話: 孤独の帯

第3話: 第3室12号の囁き

第4話: 随監

第5話: 抱かれぬ子

これイイ!と思ったらシェアお願いします!

 Twitter  Facebook  はてブ  Pocket  feedly
投稿日: 2016-05-28

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿